スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する6

昨日、図書館へ行く機会がり、あらためて荒川区全体を見ることができました。
私の住む西尾久は、荒川区の端に位置しています。
実は意図的に地図を見ることを今日まで避けていました。
なぜか、それは地図を見てから散歩をするより、とにかく散歩してみる。
そして、あらためて地図を見て確認する方が楽しいからです。
地図を先に見てしまったら、初めて散歩する地域にもかかわらず、「このまま、まっすぐ歩くとXXXXへ行けるはずなんだけど」のような目的を持って歩くことになりかねません。
これでは散歩とは言えず、むしろ観光地巡りになってしまいます。
だから地図は見なかったのです。
仮に「XXXXへ行く」という目的があっても、途中の景色や人々の生活をしっかり見て歩く。
これが散歩の極意というべきものです。

それにしても、荒川区の地図をじっくり見ると、まさに、今後のブログネタ満載でした。
これからの私のブログにも何かと登場すること間違いなしです。

とりあえず、荒川区内の町名を紹介しましょう。
「西尾久」、「東尾久」、「町谷」、「荒川」、「日暮里」、「西日暮里」、「南千住」の計7町。
ちなみに同じ千住でも、「北千住」は足立区です。
普段なにげなく利用していた山の手線の「日暮里」や「西日暮里」が荒川区とは少しビックリ。
そして、厳密に言うと単に「尾久」という地名は無いことになります。
地図を見た図書館も荒川区ではなく北区でした。

私は、「荒川遊園地裏から隅田川沿いを王子方面」へ歩き、自宅へ戻る散歩コースを普段利用しています。
これを区で表すと「荒川区」->「北区」->「荒川区」となります。
毎日、国境ではなく、区境(この用語は日本には無いと思う)を歩いていることになります。
こんな、単純なことでも見つけて、発見し、楽しいと思えないことにが、「パワーサンポラー」とはいえません。(ちょっとだけ自慢)

「事実は小説よりも奇なり」なのです。
散歩で見たのですから、どんな小さな事でも事実です、事実を楽しみ、そして、感動しましょう。
私は数多くの世の中の事実を知りたいと、いつも、思っている人間です。

それでは、また明日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。
たまたま尾久を検索していて、貴ブログを発見いたしました。

札幌には叔父が住んでいまして、何度か行きましたがいい街ですね。尾久も違う切り口ですが、いい街ですので、ぜひ尾久を楽しんでくださいね。

私も地元「東尾久」を写真で紹介するブログをやっております。
もしよろしければご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/ogu-matio/

私のブログでこちらのブログも紹介しておきます。
これからも「尾久の新人」(笑)のブログを楽しみにしております。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。