スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する78

今日の話題は「初めての地域を散歩する」です

意味的に「散歩」と言う言葉は、歩き慣れた場所を歩く印象が強いのですが、初めての場所を歩き回るのも散歩です。
しかし、気持ちはかなり違いますね。
歩き慣れた場所を散歩する時は、今日ならではの景色、音、人との会話を楽しむものですが「初めての地域を散歩する」時は、かなり気持ちがHIGHになっています。
初めての場所は、目の前の全ての景色が初めてなのですから、とても興奮します。
右へ曲がっても、左へ曲がっても、上に行っても、下へ行っても、見るもの全てが初景色なのですから、まるで、宝箱を開けるような、次はどのような景色が飛び出すのだろうかと、ワクワク状態なわけです。
人の多い所へ行くべきか、人のいない所へ行くべきか、海側へ行くか、山側へ行くか、限られた散歩時間の中で選択肢はたくさんあるのですから、とても悩みます。
ですが、とりあえず、高い所を目指します、なぜなら、景色は高い所から見るのがとても楽しいからです。
登り坂はとても疲れますが、登った瞬間に開ける景色は、登った苦労をけっして後悔させません。
有名な観光地には、上から下を見下ろす景色を売りにしている山や丘が必ずあります。
単純な発想かもしれませんが、まずはここを目指します。
地図をよく確認し、行きと帰りが同じ道にならないように事前確認も大切です。
そして、歩きながら、こんな事をよく考えています。
「今、見ている目の前の景色は、自分の人生では最後になるのかもしれない、だから、しっかり見ておこう」
ですから、旅行先では、すぐに散歩したくなります。
宿でのんびりしてるなんて、私にはもったいないの一言に尽きます。

初めての地域の散歩はいいことばかりではありません。
以前、駅のキオスクの人に道を訪ねたのですが、まったく逆方向を案内された事がありました。
なにせ、初めての場所を歩くのですから、間違っていると思う判断基準が何もありません。
「おかしいな」「おかしいな」と思いながら、可能性ある道を全て歩き「やはり、おかしい」と開き直るには相当の時間がかかります。
そこで、改めて道を訪ねてみると、まったく逆方向なわけです。
せっかく、初めての地域に来たのに、同じ道を引き返すのは残念な事です。
同じ道を戻るのですから、最初に訪ねた駅のキオスクの前も通ります。
誤った道を教えた人に文句の一言も言えなくもありませんが、けっして、そんな事はしません。
散歩は楽しい思い出のみにしなければ意味がありません。
好きでやっているのですから。

痛い思い出もありました。
質問ですが、ドアではなく、引戸の家に入る時、あなたは「右戸を右から左に開けますか」それとも「左戸を左から右に開けますか」?
初めて入るおそば屋さんで、私は「右戸を右から左に開けた」のですが、なんと、そこには、固い銅像が吊るされており、私は額を銅像にぶつけて出血したのです。
店主が言うには「そちらは入り口ではないんですけどね」と、まったく謝る雰囲気無し。
そこで、出血を押さえながら、おそばを食べる事にしました。
「この程度の店のそばの味が、どの程度のものか知ろう」と思ったからです。
この時、先入観を捨てました。
「ぶつかったから美味しくない」と思うのではなく「美味しいものは美味しいはず」と。
しかし、現実はまったく美味しくありませんでした。
味よりも、こんな接客を平気でする店の存在事態が驚きです。
今、思い返すと、私が食べ終わるまで、他に客は誰も来なかったと思う。

赤羽や町屋には、安くて美味しい弁当屋があるのでよく利用しています。
アジア系(中国人?韓国人?)の人が経営している店のようです。
店の女性店員に弁当のおかずを指差して「これ、なんの肉」と聞いたら「焼肉です」と言われました。
女性店員には悪気はなく、一生懸命に答えてくれたようです。
もしかして日本語も最近ようやく理解したのかもしれません。
ですから、その弁当を購入しました。
帰り道、もしかして弁当のごはんを指差して「これ、どこの米」と聞いたら「日本の米」と言うのかもしれないと勝手に想像して苦笑してしまいました。

それでは、また、来週。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。