スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する77

今日の話題は「我が家のゴキブリ退治」です。
ゴキブリ嫌いの方、今日の記事はあまりお勧めできません。あしからず。

かなり昔の話です。
高校の修学旅行、場所は京都の旅館。
学生の一人が大きな声を出しました。
「ゴキブリがいるぞー」。
そこに群がる30人以上の北海道育ちの高校生男子達。
「ゴキブリ見せろー」「これがゴキブリかー」「ゴキブリってこんな虫なんだ」
哀れ、ゴキブリ君、多数の北海道男子高校生に追いかけられ、いたぶられ、そして、亡くなったのです。
最後に、なきがらを可愛そうに思い、そっと、窓から捨ててあげたのが、この私。
当時、北海道の人間にはゴキブリは珍しかったのです。
ゴキブリは北海道の冬を越せないらしい。
だから、北海道では生息できない・・・・となっているのですが、最近は目撃例も多く、温暖化の影響で、今後は北海道でもゴキブリは増えるに違いない。残念ですが。
ゴキブリは「ゴキブリほいほい」の印象が強く、地面を動く姿しか知りません。なので、北海道人の二人のうち一人は、ゴキブリが空を飛べる事実を知らないでしょうね きっと。

ところで、今日は特別ゲストを招待しました。
北海道の友人であるKさんです。
Kさんはとてもユニークな発想の持ち主です。
「釣られた魚は大やけどをしている」が彼の持論です。
「釣られた魚は針をはずされる時、人間の手によって押さえつけらます。この時、魚にとって生まれて初めて人間の手からの熱さを感じます。それは、魚にとっては大やけど状態だと言うのです」
そのKさん持論では、ゴキブリの立場はこうなります。
「人間がゴキブリを怖がる以上にゴキブリが人間を怖いはず、なぜなら、ゴキブリが人間の立場なら、目の前の人間の存在は、怪獣ゴジラに匹敵する大きさだ」というわけです。

「ゴキブリ退治」と言いながら「殺す」わけではありません。
なんとかして、わが部屋からゴキブリに退散してもらいたいのです。
昨年は大型ゴキブリを3匹見つけましたので2匹は窓から捨てました。
一匹は捕まえられませんでした。
今年は大型ゴキブリが登場しませんが、中型から小型のゴキブリがよく出てきます。
これも、熱帯型の気候の影響なのでしょうか。
ですから、捕まえるのが面倒くさくなりました。
そこで、とにかく、わが部屋を徹底的に清潔に保つ事にしました。
「ゴキブリ君、私の部屋にいてもご馳走は無いよ、よそへ行ったら」と言いたいわけです。
毎日洗濯、毎日掃除、そして、物を腐らせない為に規則正しい食事。
ゴミ袋のゴミは、臭いが出ないように袋に包んで捨てます。
いつの間にか、そんな生活になっていました。
その成果でしょうか、ゴキブリが出なくなりました、油断はできませんが。
ですから、生き物を殺さずに済むのなら、それにこした事はありません。
殺すのではなく、来させない、その為には人間の側にも努力が必要なのです。

荒川運動場のグラウンドは私が毎日のラジオ体操で通っている場所です。
ナイター設備があるので、夜遅くでも野球やサッカーの練習風景をよく見ます。
ここで、盆踊りを開催していたので遊びに行ってきました。
去年も行ったのですが、今年はある事実に気がつきました。
こちらの盆踊りはレパートリーが多いんですね。
「東京音頭」「オバQ音頭」、あと、名称がわからない踊りが2、3あったように思う。
たくさんの踊りを踊れるって楽しいですよね。
飽きがこないと思う。
ところで、私はいつ踊ったのだろうとわが人生を振り返ってみました。
なんと、高校生の時のフォークダンス以来、踊っていない事実に少し愕然としました。
ああ、わが青春は帰らず・・・・・・・なんか悲しい。

それでは、また、来週。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。