スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する67

今日の話題は「景色へのこだわり」です。

2日前、東京は真夏日で30°を超えました。
私の部屋からコインランドリーへのたった200メートル程度の距離を歩くだけで、大型蝶を見ることができました。
ひとつの蝶は「アオスジアゲハ」で、本州では珍しくない部類でしょう。
昨年、上野公園の噴水の周りにも多数いました。
もうひとつの蝶は、たぶん「ナガサキアゲハ」だと思いますが、羽の赤がとても美しく、なぜか、私の周りを飛び回るので、じっくりと観察できました。
あらためて「ああ、私は本州に住んでいるんだな」と実感しました。
この二つの蝶は北海道にはいません。
小学校の頃、大型蝶や大型トンボに夢中になっていた私には憧れの生き物なのです。
そして「この2匹の蝶はなんの目的で尾久に来たのだろう」なんて感想を持つ私は変わり者なのでしょうね。

梶原から小台までの都電荒川線沿いはバラの花が満開です。
数多くの色の種類を楽しめます。
このバラは荒川区にて植えた花なのですが、担当者の思いを強く感じさせます。
私の住んでいる目の前の景色なのですが、飽きもせず毎日楽しんでいます。

たかが散歩、されど散歩。
散歩をする人々は無意識にて、なんらかの選択を行って散歩する道順を決めています。
なんとなくの選択なのですが、そこには人それぞれのこだわりがあります。
「歩きやすく、安全で、空気がきれい、自然が豊富」そして「景色を楽しめる」所が理想です。
景色を楽しめる要素は何か、まず、天気が良い事、温度も適度に、見渡せる、何かが動いている、色を楽しめる 等です。
そこで、私個人が勝手に「水もの」として区分している景色があります。
海、川、湖、渓谷、鍾乳洞の景色がとても好きなのです。
景色を見るのなら「水もの」を見たい。
暇な時間は、こんな事ばかり考えています。

「ドライブ」という言葉の意味において、スピードを出して目的地まで車を走らせる。
このような印象を持っていませんか。
私にとって、景色の良い道路をスピードを出して走るなんて、まさに「もったいない」の一言です。
天気の良い日に、北海道の海岸線の道路をゆっくりと時速30キロ程度で景色を見ながら走る。
これが、私なりのドライブなのです。
積丹半島や留萌の海岸道路はお気に入りのドライブコースでした。
東京近郊でも、このような景色の良い道路があれば、ぜひ、ドライブをしてみたいものです。
ただし、このようなドライブを楽しむには条件が必要です。
それは交通量の少なさです。
交通量の多い東京近郊にて時速30キロで走行したら「逆暴走族」で捕まるかもしれません。

水は何よりも、水の美しさや透明度が大切です。
川は汚れていたり、海はゴミがあったりします。
なので、私がドライブでゆっくりと海を見るのは、もう一つの理由があります。
海岸そのものを近くで見た場合、ゴミがあるので、いつのまにか、海は一歩離れた場所から見る習慣がついてしまいました。
つまり、ゴミを見ずにきれいな海だけを見たいのです。

水の透明度の美しさを求めるのならば、鍾乳洞がお勧めでしょう。
今までに訪れた鍾乳洞は、たとえ観光地であったとしても後悔をさせない美しさでした。
秋芳洞(山口県)、龍泉洞(岩手県)、龍河洞(高知県)、風連鍾乳洞(大分県)。
ですから、私の長期旅行計画には、必ず鍾乳洞を入れていました。
これからも、時間とお金と心の余裕ができたら、鍾乳洞を見る旅行にいきたいですね。

最近になって「カミングアウト」という言葉の意味を知りました。
そこで、私もカミングアウトします。
天気の良い北海道の海岸線道路、時速30キロで走行する車。
ドライバーはこの私。
とても綺麗な海を見ながら幸せ気分で運転しています。
そう、私こそ「海岸線をわき見運転する常習犯ドライバー」なのです。
ああ、ついに言ってしまった。

それでは、また、いつか
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。