スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する48

今日は昨日の続き「すみだ川を散歩する2」です。

今日、井の頭公園に行ってきました。
やはり、水物(川、海、湖 等)散歩は楽しいですよね。

私の散歩するコース内には「読売新聞」と「日刊スポーツ新聞」の印刷工場があります。
すみだ川に沿って並んで建っています。
最初は何も気に止めませんでしたが、ある日「あれ!」と思ったのです。
一般紙とスポーツ新聞のペアが合わない事に気がついたのです。
「読売新聞」なら「スポーチ報知」、「朝日新聞」なら「日刊スポーツ」が正しい組み合わせです。
並んで建っているので、てっきり、協力会社かグループ会社だと思っていました。
そこで、入館の人に確認してみました。すると、
「ロール紙(新聞の元紙)を提供する会社が両工場の間にあるからです」
と、あっさり。
単に、ロール紙を提供する会社の近くに、印刷の工場が偶然2社建ったにすぎないらしい。
なんか、質問して損した(相手に失礼ですけで)感じ。
もっと、深い歴史ある経緯があるのかと思っていました。

すみだ川沿いの堤防に1羽の鳩が止まっています。
ある時、この鳩が毎朝、同じ位置に止まっている事を発見しました。
なぜ、同じ鳩であるとわかったのでしょうか。
この鳩には首に傷があるのです。
それも、かなり目立つ傷です。
他の鳩や鳥に攻撃されたのかもしれません。
そして、この鳩は他の鳩グループの中には入りません。
いつも、1羽でいる鳩なのです。
まるで、今の人間社会を見るようではありませんか。
最近、この鳩を見なくなりました。
元気で生きていると良いのですが。

すみだ川沿の散歩はいつも尾久側を歩いています。
すみだ川の対岸側、つまり、足立区側も歩いてみたいと思っていたのですが、今は、なんとなく、意欲が無くなってきました。
尾久側から見える足立区側の堤防は、まるで、刑務所の高い壁のように見えます。
歩いたとしても、すみだ川が見えない状態なのでは、散歩の意味が半減してしまいます。
どうも、魅力ある散歩コースには見えません。
実際に近くまで行ったのですが、散歩の意欲はまったく起きませんでした。
ですが、私のわがままだと思っています。
本来、堤防は治水の為にあるのですから。

突然ですが、黒部渓谷へ行って見たいなあ。
トロッコ列車に乗りたいのではありません。
トロッコ列車の渓谷側に座って覗き込むように渓谷を見たいのです。
いつになることやら。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。