スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する45

今日は「都電荒川線3」の話をします。
前回の11月6,7日以来となります。
私の住む西尾久は荒川遊園地、すみだ川、そして都電荒川線とタレント揃いです。
何かとブログの話題を提供してくれるので助かります。
その中でも、路面電車は特に気になる存在です。
土曜、日曜、祝日になると荒川車庫前の「思い出広場」は電車好きな人で賑わっています。

荒川車庫前には一般客向けの営業窓口があるので、担当の方へ何かと質問をぶつけてみました。
1.何故、電車内で鐘が鳴るのか。
答:電車の出発を表すだけで特に意味はない。
  昔ながらの風情を残している。
2.連結はできるのですか。
答:できません。
  連結すればカーブを曲がり切れない区間が発生します。
3.ここ(梶原から小台近辺)は線路の両脇に綺麗な花が咲いていますが、御社(都電荒川線)にて行っている作業なのですか。
答:いいえ、荒川区が行っています。他にも花が咲いている区間はありますよ。
4.不思議な電車を見ました。早稲田、王子方面から来た荒川車庫前行き電車が、荒川車庫前にて全乗客を降ろした後に、同方向の町屋行きとなって新たに走り出したのです。
この電車は何故、最初から町屋行きとして運行しなかったのですか
答:たまにそのような事が発生します。時間調整の為です。遅れ時間を取り戻したと考えられます。
5.早稲田、王子方面から来た電車の荒川車庫前の停車場は「降り」「乗り」専用の2つ存在しています。
ですか、三ノ輪、町屋方面から来た場合「降り」「乗り」共通の停車場が1つしかないのは何故ですか。
答:何故ですかね。私が来た時からそうなっていました。
  必要が無いと言う事でしょう。
  三ノ輪、町屋方面から来た電車でも、そのまま荒川車庫に戻る電車はありますよ。
とても親切に対応してくれました。
ありがとうございます。

都電荒川線はどこから乗っても、どこで降りても、同金額(160円)にて円滑な運行を実現しています。
このシンプルさがとても魅力的なのです。
私が知ってる限り、長崎の路面電車も同運行方法、かつ、100円で実現しています(値上げしたかもしれない?)
もし、乗車区間の長さで料金の違いが発生するような運用にした場合。
1.「前乗り後降り」が実現できなくなります。
2.乗る時に整理券(乗った位置を確認する為)が必要です。
3.その影響で「後乗り前降り」になってしまいます。
4.運転手さんが降車客の整理券番号に対応する金額を確認しなければなりません。
5.2~4にて、円滑な運行に支障をきたす可能性が出てきます。

バス運行が上記のような(2~4)になっている場合が多く、整理券を手に取ると車内正面に表示されている番号対応の料金が走行中、常に気になります。
「どこまで上がるの」・・・・
数多くの人がこんな経験をしている事と思います。
とても不安なんですよね。
さすが、都電荒川線は始めての人が乗っても、このような心配はさせません。

実は、まだ全線乗ってないのです。
早稲田は観光的要素があるようなので、今後の楽しみにしています。

それでは、また明日
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。