スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する41

今日は「初めての散歩2」です。
今回は「都電荒川線」に詳しくない方には、ちんぷんかんぷんな内容に感じるでしょう。ご了解願います。

現在の住居は都電荒川線の「荒川車庫前」近くです。
ですから、路面電車の走行音を毎日聞く日々なのです。
引越し直後に、まっ先に考えた散歩は、とにかく、ひたすら、都電荒川線に沿って歩こうと思ったのです。
迷子になったら、電車に乗って必ず帰ることができるのですから安心ですよね。
都電荒川線の両側は車が通れる道路があるので、全線が同じ状態と勝手に想像していました。
現実は「梶原」から「町屋」までは確かに電車の両側には道路があるのですが、他区間は電車横の道路を歩くことが厳しいとわかりました。
他の区間は都電荒川線沿とはいえ、民家の庭だったり、それどころか道路が無い区間もあります。
当然、都電荒川線全線を沿って歩く企画は企画倒れで終わりました。

町屋から荒川区役所までを都電荒川線を乗らずに歩いて行こうとしたのですが、とても遠回りになるんですよね。
私にとって、雨や雷でもない限り、この程度の短い区間を交通機関を利用することはありません。
そこで、逆方向(荒川区役所から町屋)へ意地になって別同区間を歩いてみたのですが、今度は歩けば歩くほど都電荒川線から離れていくので、だんだん不安になってきました。
そのうち、大きな公園に出てきてしまい、そこを降りると京成線にぶつかり、なにがなんだかわからなくなりました。
当時は町屋に京成線があることを知りませんでした。
しかし、迷子を楽しいと思い「ここはどこか」と感じながら歩くことには慣れています。
ですが、あまりキョロキョロしてると田舎者と思われそうなので、それなりの変な緊張感が伴いますけど。

荒川区役所近辺には、区の中心となるべき公共機関がすべて揃っているんですね。
荒川区役所、荒川警察署、荒川消防署、荒川郵便局が半径100M以内に存在しているんですから。
これだけ揃うのは、それなりに珍しいと思いますよ。
その割には、近くに大きな商店街が存在しているようには感じませんでした。
それもまた、私には不思議な光景かもしれません。

初めては初めての感想があります。
何事も「始めて」は緊張感と同居しているので強い思い出に残ります。
後日、印象が覆ることがあっても、それはそれで印象が深く植えつけられる要因になります。
私にとって「初めて」は「楽しい」なのでしょうね、きっと。

テレビの2時間番組なのですが、面白い台詞がありましたので紹介します。
「人を好きになるのは、失恋が怖いわけではない。」
「これから訪れるであろう始めての経験が怖いのです。」・・・・
ならば、
草食系男子は、さぞかし「初めて」が嫌いで苦手なんでしょうね。

それでは また明日。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。