スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する40

今日は「初めての散歩」の話をします。

もし、あなたが「散歩しなさい」と言われたら、どのように散歩しますか。
「たかが散歩、されど散歩」なのです。
コースは?、時間帯は?、散歩で何を見たいですか?。
いざ出発したら自宅へ戻らなければなりません。
どこを、どう回ろうか。とても悩むんですよ。
そして、結論は「めんどくさい、やめた」になりかねません。
とりあえず、家を出ましょう。
ある程度の住居期間がある人であれば安心ですが、これが引越し直後だと半径100以内でも迷子の可能性は大いにあります。
以前にも紹介しましたが、斜め通りを通過した瞬間、人間の頭は方向感覚を失います。
ここ、尾久は斜め通りだらけなのですから。
私も引越し直後は自宅近辺をウロウロしていました。
あきらかに迷子になった、ならば「人に聞こう」と思うでしょうね。
これが意外とためらうんですよ。
何を聞いていいのやら、わからない、なぜなら、目印となる物を把握していないとか。
もしかすると、もう自宅近辺なので、質問したら笑われそうだとか。
いろいろな気持ちが複雑に交差するのです。

以前、町屋方面から歩いて尾久警察署を探したことがあります。
「もう、着く頃だ」「もう、着く頃だ」と思いながら、なかなか着きません。
そこで、歩いてきた中年女性に尋ねたのです。
女性は笑いながら「あそこです」と指を指してくれました。
あと、2,3メートルで尾久警察署でした。(本当の話です)
なぜ、こんな事が起きるのか。
理由は明解です。
たとえ2,3メートル先であっても、そこは初めて訪れる場所だからです。

散歩コースが安定するには、それなりの試行錯誤期間が発生します。
そこで、安心できる散歩の条件は、まず、自宅と目印となる建物の位置関係を把握します。
そして、なんらかに沿って歩くことです。
その観点からすると、私は恵まれていました。
まず、都電荒川線に沿って歩いてみる。
次は、すみだ川に沿って歩いてみる。
今だって、この2つは基本となっています。

勝手に私なりの理想の散歩コースを考えました。
川、湖、海 等の「水物」に沿って歩くのが一番楽しいと思います。
そこで、生き物を見ましょう。
鳥や魚(常時見るのは難しいですけど)や虫や花や樹木を見るのです。
季節を感じましょう。
散歩仲間を作って会話しましょう。
「癒されるな」と感ずるのであれば、あなたにとって価値ある散歩になっています。
私個人の贅沢な要望としては鍾乳洞が好きです。(寒いですけど)

最近「初めて」の言葉が気になっています。
今の私は何かと「初めて」だらけです。
まさに「挑戦中」なのです。
「やるしかありません」

それでは、また明日

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。