スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する39

今日は「荒川遊園地3」です。
前回の記述(11月8,9日)以来となります。

どこへ行っても不景気を感じますよね。
昼食時の吉野家に行列ができていたり、100円ショップが盛況だったり、本屋の転職開業コーナーに中年男性の姿を多く見かけたり。
今頃「デフレ宣言」ですか。認識が遅すぎやしませんか。

散歩にて現在営業していない店舗を見ると、何屋さんだったのだろうと立ち止まって考えます。
都電荒川線の荒川遊園地前から荒川遊園地まで歩くと、途中に営業をしていない一見アパート風に見える建物があります。
玄関に「XXXX屋」の文字が見えるので商売していたことは間違いありません。
もし、違っていたら後日ブログで訂正しなければなりませんが、その建物の商売はズバリ「旅館」です。
荒川遊園地はとても歴史ある遊園地です。
営業を開始した頃は、遊園地どころか娯楽地も少ない時代だったでしょう。
たくさんの家族やカップルが訪れたに違いありません。
交通機関も現在ほど便利でなく、泊まり込みで荒川遊園地に来たのではないかと想像しました。
荒川遊園地の来客者への宿泊先として利用された旅館ではないかと考えたのです。
当時はさぞかし盛況だったでしょう。
そして、その役割を終えたのです。

この建物の前には野球場があります。
この野球場は私が毎日のラジオ体操で利用しています。
横に小さな公園があります。
小さな公園の割には、たくさんの子供達が遊んでいました。
こんな当然の光景から勝手な想像をしました。
きっと、ここで遊んでいる子供の倍以上の子供達が、自宅でゲームや携帯電話で遊んでいるのだろうと。
でなければ塾ですか ?
公園で遊ぶ子供達の姿を、当然と思えないのが少し悲しいですよね。

荒川遊園地裏が私の散歩コースです。
ここから、とても面白い状況を見たので報告します。
荒川遊園地の担当者の方、ごめんなさい、事前に謝っておきます。
とても、コッケイな場面に出会えたのです。
大きな観覧車に各観覧車(客が乗る単位)があります。
この各観覧車の何かの検査もしくは掃除?をしているようなのです。
観覧車は当然回っている状態です。
各観覧車が一番下に来た時に、大急ぎで乗ります。
そして、掃除?をします。
タイムリミットが迫ってきています。
超短時間で作業を完了しないといけません。
なぜなら、降りそこなうと「観覧車で乗りっぱなし」になる悲劇が発生するのです。
ですから、作業はテキパキテキパキと一瞬の気も許せません。
担当者の方はきっと一度や二度は経験したことでしょう。
「やってしまった、しょうがない、観覧車一周するか」

それでは、また明日
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。