スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する25

今日は「図書館を利用する」の話です。
前日の続きである「虫に語りかける2」も考えたのですが、蜘蛛とかカマキリのような話も出てくると、何かと気持ち悪い記述も出てくるので止めにしました。
気分を変えて図書館にします。
図書館は頻繁に利用します。
土曜、日曜も開いてるし、新聞、週刊誌も読み放題ですし、何より無料が魅力です。
特に漫画には興味が無いので、私のような叔父さんには図書館はとてもお似合いと思っています。

古い本には、古い本の価値があります。
本に残された時代の記録は、破棄処分をしない限りは残ります。
本は一度出版すると内容は半永久に残ってしまいます。
ですから、それなりの責任を常に負う覚悟で本は出版されます。
今(古い本からすると未来)から、過去の時代の本を読むと「その考えは未来では無くなっているよ」と感じさせる記事も多く、今ではコッケイに感じさせる内容もあります。
ですから、古い本は何かと楽しいですよね。

散歩の途中で図書館近くに来ると必ず寄ります。
トイレ借りたり、図書館の雰囲気を感じたり、どんな本が置いてあるか、どんな人が利用しているか 等。
私にとっては見所満載なのが図書館です。
寝ている人、休んでいる人が一人、二人いることも珍しくありません。
平日の図書館は、中年の人が多くいたり、履歴書書いている人がいたり、資格勉強している人がいたりと、何かと不景気はどこへ行っても感じるものです。

ある図書館で、私の携帯にブルブルが発生しました。
図書館の部屋を飛び出し、階段にて小声で会話をしていると、職員がすばやく私の元へ来ました。
「携帯電話は図書館の外でお願いします」と。
「失礼しました」と図書館の外へ出ました。
ふと考えたのですが、コンビニ内で携帯電話したり、喫茶店の中でも携帯電話をする人の姿をよく見ます。
私も確かに同行動をしていました。
図書館の職員の判断は「さすが」であり「新鮮」に思えたのです。
今回の図書館の試みを全国的に流行らせたいですね。
つまり、日本中で交通機関や映画館でなくても「携帯電話は館の外でする」習慣を常識化しませんか。
最近、携帯電話の便利さよりも、マナーの悪さを気にする人は数多くいると思いますよ。

図書館で残念なのは、とにかく静かでなければなりません。(当然なのですが)
知らない人との会話も、そこそこにしなければなりません。
私からの見え方としては「友達を作りずらい場所」と感じています。
札幌の図書館では飲み物OKでしたが、私の近くの図書館は飲み物持込禁止でした。
水分が無いと長時間座ること事態、辛くなるのですが我慢するしかありません。

何事も「無料」はどこかに我慢が必要なわけです。

それでは、また明日

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。