スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する107

今日の話題は「被災地を行く(計画倒れ編)」です。

当初、東北へは3泊4日程度を計画していました。
被災地を見たいのですから、岩手県からスタートし太平洋の海岸線を南下し、福島県の立ち入り禁止の地区まで近づいてみたい。
これが、大目標でした。
しかし、すぐに挫折。
なぜなら、現在の岩手県は海岸線に南下するのは無理とわかったからです。
「岩手県を海沿線に沿って南下」は代替バスすら無い区間が数か所もあり、結果として岩手県の海沿いの街へ行くには、県の中央部からのみの交通手段しかないのです。
この件については、上野の緑の窓口の女性担当者に長時間調査してもらい、やっと判明。
上野の緑の窓口の女性担当者の方、調査にあたり本当にありがとうございます。
実は同じ質問を何か所かの旅行代理店や緑の窓口で聞いてみたのですが、すぐに返事をしてくれる方は、なかなかいません。
JRの駅のパンフレットには岩手の観光ポスターが貼られています。
旅行代理店にも東北観光のポスターが貼られています。
ですから、交通機関の情報は、関係者なら充分に把握しているものと私は勝手に思い込んでいました。
しかし、誰も知りませんでした。

そこで、岩手県の北部を諦めて、震災の被害が大きかった「岩手県南部の陸前高田市」へ行こうとしましたが、ここでも挫折。
陸前高田市へはJR無く(事前にわかっていました)バスは一関市から出ていると判明。
ところが、1日2往復しかなく、しかも時間帯的にもとても不便なのです。
現地で宿泊すれば良いのですが、考えぬいた末、今回は断念しました。
何がなんでも岩手県の陸前高田市へ行きたっか理由。
それは「奇跡の一本松」を見たかったからです。

今回の東北は1泊2日。
唯一の一泊は鳴子温泉に宿泊しました。
JR矢本駅で惣菜を売っている叔母さんに「この辺で良い温泉はありませんか」と尋ねてみると、すかさず「鳴子温泉」と答が返ってきました。
JR矢本駅からJR石巻へ、さらに鳴子温泉まではJRで2時間程度でしょうか。
宿泊先は予約なし、土曜日でしたが鳴子温泉「姥の湯」にお世話になりました。
「姥の湯」は「源の義経」に縁と伝統ある宿らしい。
鳴子温泉の街を散歩してみました。
温泉街なので旅館やホテルが多いのは当然として、旅館やホテルと同じくらい存在するのは「こけし屋」なんです。
余計なお世話と思いながら、これだけ沢山の「こけし屋」さんが、お店を維持するだけの利益があるのか?不思議な気持ちでした。
「姥の湯」の番頭さんに確認すると「今は不況も加わり、昔ほど、こけしは売れていないけど、優秀なこけし職人が今でもたくさん住んでいる」と解説してくれました。

今回の東北の各地区を移動するにあたって、とてもお世話になった物があります。
それはJR発行の「ウィークエンドパス」です。
関東から宮城県、山形県まで含めて、土日2日間乗り降り自由で、新幹線の普通乗車券料金も支払う事ができます。
この範囲のJR、私鉄、JRの代行バス料金に適応できて購入代金は8700円。
まさに、使いまくり状態でした。
人間の持つ感情は「タダ乗りしているような感覚」を持つと、それだけでも幸せを感じますよね。

先にも説明したように、東北への計画は大きく変更を余儀なくされました。
時間が取れたので、一関から厳美渓(げんびけい)へ行ってみました。
私にとって、水物(海、湖、川、渓谷、鍾乳洞)散歩は「幸せを感じる時間」です。
天気よく、のんびりできました。
1時間もあれば充分に満喫できます。
「空飛ぶ団子」をご存じでしょうか。
ロープでつるされて移動する団子を観光客が購入する仕組みになっています。
確かに団子が渓谷を飛んでいました。
味も良く、ここの名物になっています。

実は一関にはもう一つ猊鼻渓(げいびけい)という渓谷があります。
「げんびけい」と「げいびけい」。
とても、間違いやすい名称です。
東北の先人達は、なぜ、こんな似た名称をつけたのでしょうか。
今度は猊鼻渓にも行ってみたいですね。

なんだかんだとブログを記述していると、私の次回の東北スケジュールは決まってしまいました。
松島から石巻へ、石巻の「上海楼飯店」にて食事をし、陸前高田市の松を鑑賞し、一関から猊鼻渓へ行く。
いつになることやら。

それでは、また、いつか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。