スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する91

今日の話題は「溜まっていたトイレの話」です。

今回の話題はちょっと下品かもしれない。
お許しを。
トイレの話題で「溜まっていた」とは失礼しました。
実はトイレの話題をメモしてみたら、出る、出る、出る、出る(これまた、失礼)
ゆえに、ブログに書いてみたくなりました。

最近、何かとお世話になっている喫茶店のトイレなんですが。
各店ごとに特徴があります。
私が一番お気に入りの赤羽の喫茶店のトイレは少し広いんですよ。
トイレに入ると歩いて二歩程度右に便器があります。
ゆったりして心地よいのですが、困った点が一つ。
まさに用をたしている最中にノックされると、手がドアに届かないんですよね。
ノックしてくれるのに、中からはノックし返せる事が出来ないわけです。
改めて、トイレは室内を狭くする必要性がある事実を再認識しました。

駒込の喫茶店のトイレのドアノブは斜めについています。
私はてっきり回して入るものと思い、何度も回してみたのですがトイレは開きません。
「おかしいな、誰も入っていないはず」と思い、席に戻り、他の人がトイレに入る瞬間をじっと観察していました。
なんと、このドアノブは押して入るんですね。
「だったら、ドアノブ斜めにつけるなよ」と思うのは私だけ ?

トイレの名称って数多く存在していると思います。
新宿の喫茶店は「レストルーム」となっており、私は従業員の控え室と思っていました。
ですから、案内されるまでトイレとは気がつきませんでした。
だけど、男性トイレを化粧室と呼ぶのだけは、未だにどうもしっくりきません。
「女性化粧室」はともかく「男性化粧室」ってオカマ専用室みたいですよね。

最近のトイレの便器って、種類が多く、一番困るのは用をたした後の水を流すにはどうすればよいかを悩む事です。
押すのか、ひねるのか、触れるのか、なんて悩みながら、あちらこちらと探していると勝手に水が出てきたりします。
短い時間ではあるのですが、不安をよぎる時間帯があります。
「このまま水を流す方法がわからなかったらどうしよう」
私だけ? こんな思いを抱いているのは ?

人は他人の部屋へ入る時、ノックをしてから入りますよね。
部屋には人が居るという前提があるからだと思います。
ところが、トイレは、ほとんどの人がノックせず、いきなりドアを開けようとします。
喫茶店のトイレのように男女共有の場合でも、ノックする人は私の実感では五人に一人ぐらいですね。
意識の中に、トイレは未使用中が前提になっているからではないでしょうか。
いきなり、がちゃがちゃ「あ、使用中だ」と思っても、たぶん「ノックせず御免」とは思っていないはず。
残念な事実として報告しておきます。

昔の便所は洋式ではなく和式でした。
もっと、ざっくり言うと「くみ取り式」なわけです。
この話題になると思い出が多数あり、一つだけ書く事にします。
ある国鉄の便所、間違えて入った女子便所。
光がさした便器の下には、当然、汚物が見えるのですが、赤い物があちらこちらに。
しばらくは、怪我をした女性がいたのだと思い続けていました。
今思うと、男女の体の違いを初めて知った貴重な経験だと思っています。
印象が強かったので書きました。

ビジネスホテルなんかを利用すると、トイレとお風呂が同じ一室にあるのは珍しくありません。
「便器が見える環境での入浴」ですか、どうもすっきりしないですね。
カップルが泊まったホテルの部屋にて、彼氏入浴中に我慢できなくなった彼女が用を済ませる光景は、あまり想像したくないな。
これも愛 ?

往年の名レスラー「アンドレ、ザ、ジャイアント」。
ラッシャー木村率いる国際プロレスに来日した頃は「モンスター、ロシモフ」と名乗っていました。
(それにしても、古い話ですよね)
又聞きの話なんですが、札幌のビール園での出来事です。
友人の友人も、その日はビール園を訪れており、プロレスラーの団体が来ているのは知っていました。
男子トイレで用をたしているまさに最中時に、なにやら殺気が。
何気なく上を見上げると、そこにはアンドレ、ザ、ジャイアントの顔が。
「にやっ」とされたらしい。
2メートル10センチを超える身長だと、普通に歩くだけで、上からトイレが覗けてしまうんですね。

それでは、また、来週。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。