スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する89

今日の話題は「北海道らしさを散歩する」です。

年末年始の札幌滞在中、東京に無くて札幌に在る物は何か、街を散歩したり、交通機関に乗る毎に考えていました。
雪の多さ、寒さの厳しさ、暖房機器の違いなんかも改めて感じました。
北海道人は燃料費に関しては開き直りに近いものがあり、室内の暖かさを保つ為のお金は惜しまない傾向があります。
ですから、暖かい室内で、冬でもアイス系を食べる北海道人は多いらしい。
そんなわけ(お金がかかる)で、社員に燃料費を別途支給している企業も珍しくありません。
以前、私の勤めていた会社では「北海道の冬の燃料費」と「鹿児島の火山灰手当」が給与以外に支払われるのは不公平ではないかと組合で問題になっていました。

友人とカレーを食べることになったのですが「札幌で食べるのならスープカレーを食べたい」と私が言いました。
その思いをくんでくれた友人と二人で札幌大通近辺のスープカレーの店を探しましたが、営業している店は見つかりませんでした。
当日は12月30日ですから、当然と言えば当然の結果なのですが。
結局、スープカレーは1月7日に、すすきの有名店にて美味しくいただきました。

北海道は今、カレー文化が育っています。
・札幌市:スープカレー
・苫小牧市:カレーラーメン
・夕張市:カレーそば
・美瑛町:カレーうどん
他にも「焼きカレー」とか「おむカレー」なんかもあるようです。
その中でも、夕張市は私が育った街なので「カレーそば」の思い出は数多くあります。
そのうち、テレビ東京にて「カレーで旅する北海道」のような企画番組が放送されるかもしれません。

札幌の地下鉄には網棚がありません。
なぜ無いのか。
友人に確認すると「忘れ物対策」との返事。
「網棚があるから忘れ物が発生する」という理論らしい。
以前、落語でも聞いた事があります。
網棚が無いにもかかわらず、網棚があると思いこんで荷物を置いたらどうなるか。
当然、直下の客に荷物が落下する事態が発生します。
さすが、落語家さん。
それなりに、とても面白い話になっていました。

地下鉄内でお年寄り、妊婦、怪我人が座る席は「専用席」となっています。
東京では「優先席」なんですよね。
微妙な心理なんですが、席が空いている時、優先席なら座れるのですが専用席だと座ってはいけないと感じてしまいます。
ですから、専用席は一度も座った事がありません。

札幌近郊に「北広島市」があります。
「北広島西高校」は北広島市に設立された学校です。
東京の友人は「東西南北」が2個以上存在したら、方向が定まらず変な名称だと言って笑うのですが。
そんなにおかしいでしょうか、私には自然なのですが。
同友人がもっと笑った話題は、北海道で作られた道路名称が「道道」と知った時です。
市で作った道路は「市道」、県で作れば「県道」、北海道で作れば「道道」なわけです。
北海道人、特にドライバーにとっては「道道(どうどう)何号」は頻繁に使う言葉です。
もしかすると、初めての北海道で「道道」ってなんだろうと思ったドライバーは少なくないかもしれない。
道路標識の「道道」は「誤字」か「脱字」に見えたかもしれませんね。
「道道」どころか「道々」と記述されたら、もっと違和感が強くなります。

私の個人的な思い入れとしては「トムとジェリー」のテレビの再放送に感激。
私が生まれた頃から、バージョンを重ねながらの今日まで。
もはや再放送を通り越して「永遠放送」みたいな印象です。
何回見ても、同じ場面を何度見ても楽しめる不思議な漫画です。
何度再放送しても、北海道では視聴率が取れるんでしょうね。
某テレビ局にとっては、空き時間が発生したら「トムとジェリー」なのかもしれません。
私が利用していた札幌東区の歯医者さんは、診察台の隣にモニターがあり、トムとジェリーが写っていました。
子供用なのかもしれません。
可笑しくて、治療できないのような客の心配はないのでしょうか。

友人と居酒屋へ行きました。
メニューの中に「カツゲン」発見。
カツゲンはヤクルトの印象で良いと思います。
私の幼い頃、各家庭に毎朝運ばれる飲料水をカツゲンとヤクルトが競っていました。
カツゲンは凍りやすいので、冬になると玄関先に運ばれたシャーベットカツゲンを飲む(食べる?)のが楽しみでした。
50才以上の北海道人なら、この話題(カツゲン=シャーベット)に乗ってくる事、間違いなしです。

北海道は熊が多い。
確かにそうなのですが、以前、東京の人へ熊の話をすると「寝ていて怖くない」と聞かれました。
熊が多いと言っても、札幌中心街を何頭もウロウロしているわけではありません。
昭和50年代頃までは、こんな印象で北海道を見ていた人が東京にはいたんですね。
北海道の方言として、言葉の最後に「べあ」をつける人がいます。
「早く帰るべあ」。
これは、私が新人社員の頃、同じ北海道から就職した友人が喫茶店内で大声で使った言葉です。
その場にいた、もう一人の友人が「とても恥ずかしい」と言ったので良く覚えています。
なんで、べあをつけるんでしょう。
決まってますよ、北海道は熊(ベア)が多いんですから。

それでは、また、来週。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。