スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する100

今日の話題は「銚子の海岸を散歩する」です。

かつて「一週間のご無沙汰でした」と挨拶する有名な司会者がいました。
私のブログも前回から一ヶ月以上も経ってしまいました。
ブログを書くからこそ、読んでいただける。
「もう、ブログを書かないのでは」と思われては、もはや、誰も読んでくれなくなるかもしれません。
確かに忙しく、心に余裕がない日々が続いていました。
記念すべき100回を何にすべきか悩んでいました。
候補はいくつかありましたが、なんとなく気が進まず、ズルズルと時だけが経過してしまいました。
そこで、9月17日(土)銚子へ行ってみました。
理由は「海が見たい」この一心だけです。

JR銚子駅に着くと銚子電鉄への発着駅が、すぐ横に併設されていました。
すぐに乗車できるのですが、観光案内所へ行きたかったので、一端、駅を出ました。
「銚子電鉄の乗り方」「銚子電鉄の1日券」「レンタサイクル」「宿泊」「隠れ名所」等を観光案内にて確認しました。
ここで、対応してくれた観光案内の女性は親切でした。(この女性、この後何度も登場します)
結局「銚子電鉄の1日乗車券」を購入しましたが、自転車は借りず、ブログ内容に相応しく徒歩にて観光する事に決めました。
銚子電鉄は6.4キロしかなく、この範囲なら1日で歩いて十分と判断しました。
銚子電鉄の1日乗車券は「弧廻手形」という名称になっています。
弧廻手形には「ポートタワー」と「地球が丸く見える丘展望館」の一割引きチケットと「ぬれ煎餅」一枚券がついています。
「ぬれ煎餅」一枚をもらう為には、銚子電鉄で「犬吠駅」まで行かねばならず、なかなか出来た仕組みになっています。

なお、JR銚子駅で銚子電鉄の切符を購入しようとすると、銚子電鉄の車内でしか購入できないと回答されました。
なんと、駅の外からは切符を購入せずにJR銚子駅構内に入り、銚子電鉄車内にて切符を購入というシステムになっています。
何も提示せず確認もせずJRの改札を通過するのはしっくりきません。
初めての経験ですが、なんか不安なものです。

初めての銚子電鉄は2輌編成でした。
第一印象としては「意外」と思ったのです。
私の常識では廃止危機のある路線は1輌と勝手に思っていました。
男性車掌に「銚子電鉄1日券」の購入をお願いすると「ここまでの切符を提示してください」と言われたので、一端、駅を出てから再入場した経緯を説明しました。
なぜなら、切符は無いのですから。
正直「面倒くさいシステムになっているんだな」と感じました。
出発時間になると、先ほどの観光案内で相談にのってくれた女性が乗車してきました。
この女性は、どうやら銚子電鉄を中心に観光案内をしているようです。
「先ほどお会いしましたね」と声をかけられたので「笠上黒生(かさがみくろばえ)」駅で降りてからポートタワーまでの道順を聞いてみました。
勿論、親切に教えてくれました。

ところが、せっかく親切に教えてもらった近道なのに、私は間違えて歩いてしまいました。
ポートタワーまでは2キロ程度歩いたでしょうか。
遠回りし、なんとかポートタワーに無事到着。
ポートタワーの展望からは景色が良く見え、次の目的地である犬吠崎灯台も確認できました。
「なんとか、歩いて行けそうだ」
ここから犬吠崎灯台までは、君ヶ浜海岸をのんびり散歩。
この海岸は「段差のついたコンクリート」が砂に埋め込まれており、段差に腰掛けて海を眺められるのです。
浜全体を見渡すと何かの物思いにふけているのでしょうか。
海を一人で見ている人が二人ほどいました。
言い忘れましたが、残暑が残り、9月中旬なのに温度は30度以上。
ここまででも、かなりぐったりしていました。
ポートタワーから君ヶ浜海岸を歩き終わるまでは3キロ程度あったでしょうか。

君ヶ浜海岸を歩き終わり、犬吠崎灯台へ到着。
せっかく来たのですから犬吠崎灯台へ昇ってみよう。
入場料ではなく寄付金として200円を支払いました。
いざ、灯台へ。
なのに「エレベーターはありません。99段の階段を利用してください」との貼り紙が。
「がーん」体はヘロヘロ状態なのですが、ここまで来て犬吠崎灯台へ昇らないわけにはいきません。
まるで老人のように「よいしょよいしょ」と一段一段ゆっくりと昇りました。
200円は入場料ではなく寄付金となっている理由も納得。
ちなみに99段の理由は、九十九里浜海岸と数字を合わせたらしい。
犬吠崎灯台は風が気持ち良くて、降りるのが惜しくなるほどでした。

ここから犬吠駅まで歩いて行かなければなりません。
なぜなら「弧廻手形」の「ぬれ煎餅」一枚をもらえる駅は犬吠駅なのですから。
まだまだ歩かなければなりません。
もう、かなり疲れています。
犬吠駅で煎餅を貰い、次の目的地は外川です。
疲れがピークとなり、外川までは銚子電鉄を利用しました。
外川はNHK連ドラ「澪つくし」のロケ地となった場所です。
とりあえず、海までは行ってみましたが疲れが激しく、そそくさと引き返しました。
「もう歩くのは無理」と観念し、ここで東京へ帰る決意をしました。
当初は一泊も考えていたんですが、まだ14:00頃なので自宅へ戻りたくなりました。

外川から銚子電鉄に乗ると、次の犬吠駅で、なんと、あの観光案内係りの女性が団体観光客を連れて乗ってきたではありませんか。
「今日3回目、こんな事あるんだ」とびっくり。
女性は車輌内の観光案内がそこそこ終了すると声をかけてきました。
「今日4回目ですね。バスから海岸を歩いているお客さん(私)を見ました。だから4回目なんですよ」と。
私は「そうなんですか」と何気ない軽い挨拶しかできませんでした。

映画やドラマでは、この後に偶然出合ったりしてラブロマンスとなるのでしょうが現実はそうはなりません。
私が銚子へ行く機会はもう無いでしょう。
鈴木 彩子さん。
胸のネームプレートから名前をメモさせてもらいました。
楽しい思い出が残りました。
本当にありがとう。
仕事上、名前をブログに出しても問題無いと考えたので記述しました。
5回目の出会いがあれば、本当に運命を感じてしまうことでしょうね。
強烈な女性との思い出が100回記念となりました。

今日のブログの終わり方は自分らしくないなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー(月別)
08 ≪│2011/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。