スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する97

今日の話題は「千波湖散歩」です。

千波湖は水戸市にある湖です。
大好きなフェリーにて札幌帰省をする為には、東京から水戸までバス、水戸から大洗もバス、大洗から苫小牧行きはフェリー、苫小牧から札幌へバス。
パシフィックストーリーというパックを利用すると、東京駅から札幌まで、込み込みで9900円で行く事ができます。
そこで、今回は水戸駅から歩いて10分程度で行ける「千波湖」を散歩してみました。

千波湖は水戸偕楽園のすぐ隣(ほぼ同じ)に位置しています。
水戸駅には頻繁に偕楽園行きのバスが出ているので、バスに乗らなければならないように思われますが、千波湖も偕楽園も水戸駅から歩いていける範囲です。
千波湖に到着すると、散歩中の夫婦に「千波湖一周の所要時間」を確認すると「40分程度」らしい。
千波湖一周は約3.1キロ程度です。(後日確認)
千波湖の最大水深は約1.2mとなっています。
ちょっと驚きですよね。
この湖は、少なくても大人は絶対溺れない湖なわけです。

湖にはアヒルの模型が6台ぐらい浮かんでいる(たぶん、固定されている)のですが、何かの観測なのでしょうか。
最初、このアヒルの模型には誰かが乗っているのかと思いましたが無人でした。
この湖は、ばっさりと真ん中を二分されており、半分は「水鳥保護区」もう半分は「釣り解禁区」との標識がありました。
ならば、目立つ赤ロープで湖を二分されていれば面白いのですが、勿論、そのようなロープはありません。

周囲を歩いてみると、鳥達はとても人に慣れており、逃げずに人が通る道路に平気で寝ています。
これだけの大型鳥を、目の前でじっくりと観察できる場所は珍しいと思う。
さらに、生まれて数週間程度の小鳥達を連れた母親鳥を見ました。
心が癒されます。しばらく、見ていました。

ダイダラ坊主の伝説が書かれた石碑を見つけました。
ダイダラ坊主は山や湖を作った神なのですが「ゲゲゲの鬼太郎」や「もののけ姫」では妖怪として登場します。
「ゲゲゲの鬼太郎」や「もののけ姫」では「ダイダラボッチ」という名前になっています。
石碑では、けっして人に迷惑をかける妖怪ではなく、大男で千波湖を作ったのはダイダラ坊主との伝説が記述されていました。

湖畔に「リバーサイドホテル」を見つけました。 
井上 陽水の曲で、当時の明治チョコレートのCMとまったく同じ曲に思えたので印象に残っていました。
・・チョッ コレート チョッ コレート チョコレートは明治 ・・・・(CMのテンポ)
もしかして「リバーサイドホテル」は日本中にあるのかもしれないけど、本当に「リバーサイドホテル」って存在していたんですね。
人生初めて「リバーサイトホテル」を見ました。

充分の余裕があると始めた「千波湖散歩」ですが、あまりにものんびりと散歩していたものですから、大洗行きのバス時間が迫ってきて、最後は「はや歩き」になってしまいました。
水もの(海、川、湖、渓谷、鍾乳洞)散歩は本当に楽しいですよね。
飽きがきません。
時間もあっという間に過ぎてしまいます。

今回、札幌へ帰省した理由は「墓参り」です。
もしかすると、今年は北海道に帰れないかもしれない。の思いがあったからです。
実際は「墓参り」する前に、仕事の電話一本で東京に呼び戻されてしまいました。
札幌では「よさこいソーランまつり」を久しぶりに見ました。
大好きな「よさこいソーランまつり」なのに、札幌へ帰るまで「よさこいソーランまつり」期間中である事に気がつきませんでした。
天気はいまいちでしたが「よさこいソーランまつり」も堪能できました。ラッキーでした。
それにしても「新琴似天舞龍神」がファイナルに進出できないなんて、審査結果にも驚きました。
(ローカルな話題で、すいません)

電話一本で呼び戻されて、JR尾久駅前に降り立った時「これから、なが~い夢が始まる」と感じました。
実は、札幌の実家に帰る途中の舗装道路で「夢から覚めた」ような錯覚に陥ります。
私にとって、東京の生活は長い夢の中であり、札幌へ帰ると夢が覚める思いに陥ります。
やはり、私は北海道人なのでしょう。
私にとって、北海道は本当の世界、東京の生活は夢の世界。
不思議な感覚ではありますが、たぶん、この気持ちは一生無くならないのかもしれない。

それでは、また、いつか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。