スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを1年書いて

昨年の10月23日から書き始めたブログも1年以上経過しました。
週に一回を目標にしていますが、何かとサボりぎみながら、なんとか続いています。
とにかく、現在も続いている自分へ、少しだけ褒めたい気持ちもあります。
ブログ記述当初は毎日書いていました。
毎日書くと、自分に何が起こるか実行してみたのです。
ですが、正直、あまり良い気持ちとは言えません。
とにかく、毎日がブログ中心になってしまい、時には記述せずに寝てしまい、うなされて起きる事もありました。
毎日は文章内容が「とにかく書けば良い」になってしまい、誤字脱字が多くなり、文章内容も薄くなり、とても人に見せられる物ではありません。
この頃のブログを読み返すのが、本人が一番辛いし、何よりも楽しくないのです。
削除しようかと悩んだ程です。
自画自賛ではありますが、最近のブログ内容は少なくても、書き始めた当初よりは、文章構成や文章内容が良くなっています。
なぜなら、誰よりも本人が楽しんでいるのですから。
自分自身が自分のブログのファンにやっとなれたのです。
と考えれば、記述当初の「へたくそブログ」も途中段階としては必要だったわけです。

「尾久を散歩する100」までは、なんとか記述できそうです。
来年春には完成予定です。
100回目に何を書くのか。
101回目を記述するかいなかは、現時点では考えていません。

次回のブログ内容は何を書くのか。
なんとなく、イメージしながら、何気ない時にブログ文章が頭に浮かんでくる。
いつ、どんな時に浮かぶのかは、歩いている時、交通機関に乗っている時などがあります。
しかし、一番多いのは喫茶店で本を読んでいる時です。
不思議なんですが、読んでいる本は仕事関係の硬い内容の時に浮かんでくるのです。
人間の頭は優先順位の高い思考能力が先に先にと動くようです。
ですから、仕事内容の本を読んでいる時、頭は最低順位になっており、割り込み機能が働きやすい状況になっています。
実は、この時最もブログ内容が頭に浮かびます。

「尾久を散歩する」の悩みは「尾久」の話題に悩む事です。
「尾久を散歩する」なのですから、沢山の尾久の話題を入れたいのは山々なのですが、とても難しいのです。
都電荒川線、荒川遊園地、隅田川の話題が尽きると無くなってしまいます。
最近の私のブログ内容は「散歩」であれば良い状態になっていますが本意ではありません。
地元の自分が住んでいる地域の話題をたくさん書きたいのです。
毎朝のラジオ体操終了後、地元の方と隅田川沿いを散歩しています。
みなさん、気持ちよく好き勝手な内容で盛り上がります。
これが、私にとって、地元ブログ内容としては唯一の情報源なのです。
今後は、インターネットの情報からも「尾久」だけで、かなりの情報を入手できます。
いつか、じっくりと読んでみようと考えています。
図書館で「荒川区の歴史」「都電荒川線の沿革」なども読んでみたいですね。
そんな希望が沸いてくるのもブログを書いている成果だと思います。

テレビの娯楽番組を見ていると、芸人達は毎日のように楽しい話題を提供しています。
あの話題量の多さから、普段の生活をどのように過ごしているか、私なりになんとなくわかるのです。
仕事中であろうが、自由時間中であろうが、心の中はいつも楽しい話題がないかと探しています。
それは、習慣的になってしまい、辛い事だとは感じていません。
私もブログを書き始めてから、心のどこかに楽しいブログ内容はないかと毎日キョロキョロ状態なのです。
大袈裟に言うと「人生を楽しんでいる」わけです。

ブログを書き始めた頃、他の方のブログを参考に読んでいましたが、最近、それもなくなりました。
最近の私は文学作品を読んでみたい。
夏目漱石の「我輩を猫である」とか「坊っちゃん」等です。
そして、可能ならば自分も小説を書いてみたい。
こんな気持ちを隠しきれない自分を感じています。

ホームページ、ブログ、携帯電話やスマートフォン、メール、ツイッター、こんな方向へ向かいやすい現代ですが、私はやはり「変なおじさん」なのでしょうね。
私から見ると、沢山の人が同じ方向へ流される方が、よっぽどおかしな事態と思えるのですが、どうように感じますか。
正直、ツイッターなんてやってられない。
入力文字数を制限されると、短い印象度の強い表現を強制されます。
気がついていますか、これって、汚い言葉が出やすい環境なんです。
綺麗な日本語には、それなりの文章数が必要なのです。
そして、ブログだろうが、ツイッターだろうが、自分が好きで書いているのですから、反応を楽しむのではなく、その内容を記述した自分を楽しむべきなのです。
もし、拍手してくれる方がいたり、なんらかの反応をくれた方には「感謝」の気持ちを忘れてはいけません。
反応を当然と思っている方が多くなっていませんか。

ブログを書き始めて、あきらかに変わった自分を感じています。
その意味ではブログに感謝ですよね。

それでは、来年。
良いお年を。
スポンサーサイト
カレンダー(月別)
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。