スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する79

今日の話題は「あなたも立派な尋ね人になれる」です。

初めての地域における散歩はとても楽しいのですが、何かと人に尋ねる事も多くなります。
「(地図を見せながら)現在地点はどこですか」
「XX駅は、どの方向ですか」
「あの建物はなんですか」など
質問、疑問が発生した場合、都合よく「立看板の地図」や「説明書きの看板」や「交番」が存在するわけではありません。
したがって、誰かに確認したいのでが、誰に確認するかって、それなりに悩むんですよね。
過去の自分を振り返ってみると、やはり、おじさん、おばさん風な方に尋ねる場合が多いと思います。
理想的な尋ねられる方の条件は、
「長年、同地区に住んでいる方で、自らも散歩好き、話好き、世話好き、親切好き、そして、地区の情報を豊かに持っている方」
印象としては「仕事をリタイアした町内会長」といった雰囲気の人ですよね。
もちろん、風貌からだけでは判断できませんが、年齢のわりにはしっかりとした歩き方をする人が理想です。
質問したのですから、親切な返事をして下さる方の場合、とことん聞く、最後まで聞く、質問してみる、は尋ねる側のエチケットだと思っています。

無難な方法としては、地元商店の方に尋ねる方法があります。
しかし、ここにもエチケットがあります。
金額は小さくても、必ず何かの商品を購入してから尋ねる事です。
やはり、そこは人間同士ですから、小さな心使いは大切です。

実は、こんな事を意図的に行う場合があります。
それは、その場のとっさの雰囲気なのですが、複数の女子高生に尋ねると、とても楽しい時間を過ごせます。
「XXはどのように行くと良いですか」(私)
「XXをまっすぐに行って、XXを右に曲がるんです」(女子学生A)
「えー、違うよ、左に曲がるんじゃないの」(女子学生B)
「先にXXへ行った方が速いよ」(女子高生C)
「うっそー、XXの方が速いんじゃないの・・・・」(女子高生D)など
話がはずむ、はずむ。
私のような人間の一言で、これだけ話がはずんでくれるので、とても(私が)ハッピーな気持ちになれます。
ですが、現実の自分を実感させられるのも、この時です。
「おじさん、どこから来たんですか」なんて、逆に尋ねられます。
私自身が「おじさん」である現実を、あらためて感じる瞬間です。
他の誰よりも、女子高生に言われる「おじさん」は実感度がとても高いのを覚悟しましょう。

裏情報を知る事ができる。
これも、尋ねた成果でしょう。
例えば、こんな事がありました。
ここは日本でも、超有名な温泉街です。
偶然、温泉の話になりました。
すると、こんな話が飛び出しました。
「地元の人は、ここの温泉には入りませんよ」
「XX温泉のほうが、いい温泉なので、みんな、そこへ行ってます」
自分が働いてる超有名温泉は、まさに「社交辞令」でしかないわけです。
いい温泉と言われた温泉には、時間的に入浴できませんでした。
ですが、ここの超有名温泉に入浴したい気分には、とてもなれません。
世の中って、大袈裟に言えば、何事も、そうなのかもしれません。
もっと良い物は、他に存在している。
それは、知っている人だけが知っている。
希少情報を聞きだせる可能性があるのですから「尋ねる」ってやってみる価値がありますよね。

尾久引越直後に、道を訪ねられた事がありました。
「えー、オレにきくのー」。
正直、こんな気分になってしまいました。
道を訪ねる時、無意識に自分は地方出身者、だけど、自分以外は東京に長く住んでいる人と勝手に思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。
ですが、本当は、東京には地方出身者の人が多い事実は誰もが知っています。
そして、東京出身な方もたくさんいます。
「出身地はどこですか」の質問に「東京です」と答えられると「東京なの」って、驚くのは東京出身な方には失礼だと思いませんか。
「新宿で生まれ育ちました」なんて言われると、相手を天然記念物でも見るような表情で見るのは、さらに失礼ですよね。
私も気をつけたいと思います。

それでは、また、来週。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。