スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾久を散歩する63

今日の話題は「廃止路線の思い出」です。

北海道における昭和の最後の20年間頃は頻繁にJRの廃止路線の話題が発生していました。
決して思い出がある路線と言うわけでもないのですが、無くなるのであれば一度は乗ってみたい。
そんな感情が沸いてくるのです。
東京でも地下鉄が整備され、路面電車が消える頃は「さよならXX線」のような企画があちらこちらで行われた時代があったはずです。
そんな中で路面電車として都電荒川線のみが、何故存続しているのか、あらためて考えると不思議な感覚がします。
何かのペーパーに都電荒川線の存続理由として「利用者や住民達の強い希望があった」と記述されていました。
ですが、他の路面電車にも同様な要望があったはず。
その辺の理由も、そのうち調べてみたいと思います。

前回ブログの最後に北海道の「胆振(いぶり)線」の記述をしたのですが、私が胆振線に乗ったのは最初で最後しかありません。
つまり「さよなら胆振線」の当日、偶然乗ったのです。
胆振線は倶知安、伊達紋別、洞爺、喜茂別を廻る環状線で、今思うと一日に何周していたのか、降りなければ乗り放題だったのか、私にはわかっていません。
昔はよく車掌さんが乗車券の確認をしていたようにも思います。
時刻表を見ると急行と各駅があった事だけは覚えています。
初めて乗った胆振線、当日は当然超満員でしたが、景色を見ていると人間どころか家や建物を見ることなく永遠と林を見ている時間帯がありました。
「なるほど、これでは廃止になるよな」のような失礼な感想を持った思い出があります。
季節も冬だったので、余計に景色が寂しく感じたのかもしれません。
車掌さんが客に何かと尋ねられて「いつも、これだけお客さんが乗っていれば廃止にはなっていないんですけどね」と呟いていました。

北海道の人でも深名(しんめい)線の事を知っている人は少ないでしょう。
なにせ、存続していた時でさえ、私の周りには深名線を知っている人は少なかったのですから。
廃止になると聞いたので乗りに行きました。
深名線とは朱鞠内(しゅまりない)湖と幌加内を通る深川~名寄の路線です。
名寄と深川は函館本線でも行けるので、深名線の間に存在している駅へ行く用事がない限り通常は乗りません。
名寄から「深川まで」と言って切符を買った時、函館本線区間の切符を提示されたので「深名線に乗ります」と言うと、当時は切符の表か裏に「深名線」と判子を押していたのです。
その切符は今でも大切に持っています。
名寄から次、その次の駅までは名寄の地元の人が利用していましたが、名寄を抜けてしまうと列車内には私を含めて2名しかいませんでした。
私は終点の深川までなのですが、もう一人の方は服装から地元の人のように見えました。
もう、夜も暗く、唯一の湖である朱鞠内湖を窓から見ようとしたのですが、暗くてよく見えませんでした。
通常、どんなに乗り降りが無くても列車のホームには電気があるものです。
ところが、もう一人の乗客は電気の無い真っ暗なホームに降りたのです。
私はあたりを見渡してみたのですが、列車からは人間の住む住居どころか明かりが見当たりません。
「ここで降りた人はどうやって帰るんだろう」と思っていたら懐中電灯をつけながらホームを降りていったのです。
私にとって、この光景がとても印象的で忘れられない思い出になっています。
列車内の客は私一人になりました。
なんと、車掌さんが「オレンジカードを買いませんか」と売り込みに来たのです。
私が観光目的の北海道以外から来た人ならば購入するだろう・・・・
そんな思いが車掌さんにはあったかもしれません。
オレンジカードって、この頃から発売されたのかもしれません。

今日のブログ内容の時代は昭和の終わり頃です。
北海道のJR廃止路線はたくさんありました。
「全部、乗っておけばよかった」と今、思いますが、当時の私はこの辺の感度がとても鈍く行動力もありませんでした。
次回は「廃止路線の思い出2」として万字線を記述する予定です。

それでは、また、いつか
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー(月別)
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

尾久日記

Author:尾久日記
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。